デザインこたつテーブルTOPデザインこたつテーブルの選び方手順サイズバリエーションと材質比較配置の仕方大きさの決め方
只今注文殺到中

お部屋の明るさを保つ照明器具の基礎知識

はじめに

お部屋の明るくする照明器具。自分で選ぶとなると、どこにどんな器具をつければよいか迷いますよね。照明器具で得ることができる明るさには、光の強さ、光の色など様々な特徴があります。基本をマスターして、目的に合った器具を選べるようになりましょう。

明るさと光源の基本は4つ

  • 明るさと光の色がもたらす印象
  • 各部屋に適した照明とは
  • 照明の種類
  • 様々な照明の組み合わせ
  • 明るさと光の色がもたらす印象

    照明といっても明るさや光の強さで随分と印象が変わります。例えば、明るい灯りには活動的な開放感をもたらす効果が、暗い灯りにはリラックス感や心地よい眠りを誘う効果があります。また、照明は色によって、黄色味のある白熱灯と青みのある蛍光灯に分けることができますが、白熱灯は温かく、蛍光灯は知的で軽快な印象をもたらします。生活シーンに合わせて、効果的に使い分けましょう。

    各部屋に適した照明とは

    ダイニングルームにおすすめなのは白熱灯。人が集まる場所には、白熱灯の温かみがある色の方が適していて、料理を美味しく見せる効果があります。

    ダイニングルームの照明

    ベッドルームには蛍光灯と白熱灯を。部屋全体は均一に照らすことができる蛍光灯を用い、手元にはやわらかな白熱灯を使用します。

    ベッドルームの照明

    照明の種類

    【全体照明】
    ①シーリングライト
    シーリング
    ②ペンダンド
    ペンダント
    ③ダウンライト
    ダウンライト
    【部分照明】
    ④シャンデリア
    シャンデリア
    ⑤スポットライト
    スポットライト
    ⑥ブラケット
    ブラケット
    ⑦フロアスタンド
    フロアスタンド
    ⑧テーブルスタンド
    ⑨デスクスタンド
    デスクスタンド
    ⑩フットライト

    様々な照明の組み合わせ


    【奥行を出す】
    光源が小さいスポットと光源が大きいフラットな光を使い分けると空間に奥行が出ます。
    【立体的】
    全体照明と部分照明を組み合わせると物が立体的に浮かび上がります。
    上記のような2個使いをすることで、お部屋にコントラストが生まれます。お部屋のコントラストは、気分にメリハリを出すだけでなく、人の表情までイキイキと見せてくれますよ。

    奥行のある照明の使い方

    デザインこたつ商品一覧

    営業日カレンダー

    2017年12月の定休日
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    2018年1月の定休日
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31

    ※赤字は休業日です

    お問い合わせ

    【お問い合わせ】
    お客様サポートデスク
    お問い合わせはこちら
    【対応時間】
    平日10時~17時
    ※土曜・日曜・祝祭日はお休みをいただいています。ご了承ください。
    モダンこたつ布団へ