デザインこたつテーブルTOPデザインこたつテーブルの選び方手順サイズバリエーションと材質比較配置の仕方大きさの決め方
只今注文殺到中
デザインこたつテーブル模様替えのコツ>インテリアをシンプルに見せる色使いの基本
デザインこたつテーブル模様替えの始め方>インテリアをシンプルに見せる色使いの基本

インテリアをひとつの色に統一することがシンプル?

はじめに

シンプルなインテリアと聞いて、どのようなお部屋を想像しますか?
“統一された色”、“デザインに統一感のある家具”、“整理整頓された”など、様々なお部屋を思い浮かべることでしょう。
でも、いざ自分でやってみると「お部屋をシンプルなものにしたいのに、どこか垢抜けない。」
こんな経験はないですか?
色を統一することはシンプルテイストの基本ですが、逆に色をきっちり揃えすぎると失敗に繋がります。垢抜けない理由は、揃え方を間違っていたり、テイストを考慮していない可能性があります。個性のあるシンプルなお部屋はどうやって作ればよいのでしょう。

インテリアをシンプルに見せる色使いの基本は4つ

  • 大きめの家具の色を気にしてみよう
  • 同じ白でもニュアンスを変えてみよう
  • 白の割合を気にしてみよう
  • すっきり見せる王道バランス
  • 大きめの家具の色を気にしてみよう

    垢抜けたインテリアにするポイントは、ソファ、ラグ、テーブルなどの大きな面積を締める家具の色バランスを整えること。ただし、同系色で揃える場合でも、白と木以外に使う色は3色までにします。無難に同じ色で揃えて、差し色で変化をつける方法もありますが、大きめの家具のカラー選択次第では、グンとセンスのあるシンプルなお部屋にすることができますよ。

    白+木+3色のインテリア

    真っ白にコーディネートした部屋のラグとソファの色を変えるだけでも垢抜けた印象になります。

    同じ白でもニュアンスを変えてみよう

    真っ白なお部屋は清潔感があり、シンプルそのもの。ホワイトで統一する時のポイントは、家具を白と生成だけで構成し、テレビモニターなど1アイテムだけを唯一の別色に。また、ソファや家具などは、同じ白でも素材感の違うものでコーディネートして、それぞれの白のニュアンスを微妙に変えると、白の美しさが一層際立ちます。また、白い空間は、光を受けた時に陰影が楽しめるというメリットもあります。

    ホワイトのコーディネート

    寒々しくない白の割合

    寒々しいイメージにしたくないという場合は、白を3割にすることでお部屋の密度をアップすることができます。ソファとカーテンをダークな色にして、チェストにはガラスなどの透ける素材を使ったものをチョイス。全体が重い印象にならないように気をつけます。ダークカラーには柄物を入れてまとめると落ち着きます。

    白3割のインテリア

    最もポピュラーで実践しやすい。すっきりの王道

    北欧の初夏のような爽やかなお部屋にするには、白の割合を5割にします。色の組わせ方は白+黒+木。主役となる白木の優しい色合いを黒が引き締め、すっきりとした印象に。このバランスが最もポピュラーで実践しやすく、安心感と大人の雰囲気を醸し出します。

    北欧のインテリア

    デザインこたつ商品一覧

    営業日カレンダー

    2017年12月の定休日
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    2018年1月の定休日
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31

    ※赤字は休業日です

    お問い合わせ

    【お問い合わせ】
    お客様サポートデスク
    お問い合わせはこちら
    【対応時間】
    平日10時~17時
    ※土曜・日曜・祝祭日はお休みをいただいています。ご了承ください。
    モダンこたつ布団へ