デザインこたつテーブルTOPデザインこたつテーブルの選び方手順サイズバリエーションと材質比較配置の仕方大きさの決め方
只今注文殺到中
デザインこたつテーブル模様替えの始め方>生活スタイルに合わせた家具の配置

生活の中心になる家具の配置を考えよう

はじめに

一人暮らしの場合、「食事」「仕事」「休む」を同じ空間で過ごすことが多いですよね?

全部同じ場所で過ごしているからと言って、すべての生活スタイルを取り入れた配置にしてしまうと、どこかごちゃごちゃして、本来の生活を満喫できません。

自分の生活を習慣を振り返ってみると、この3つの中で、どれか1つだけ重点にしているものがあるはず。例えば、朝早くから夜遅くまで家を空けている人なら、快適に休める場所にしたいですし、自炊が好きな人なら「食事」を楽しめる場所にしたいもの。

「食事」「仕事」「休む」の生活スタイルに合った家具の配置にしてみると、お部屋の快適さが違ってきますよ。

3つの生活スタイルに合わせた家具の配置

  • 食事が中心のスタイル
  • 仕事が中心のスタイル
  • 休むことが中心の生活スタイル
  • 食事が中心のスタイル

    食事を重点にしている人は、家具で部屋を分けたり、ダイニングテーブルを置きましょう。床生活をしている人は、ベッドとの間を低い棚で仕切るなどして、食事スペースを独立させます。また、スペースがあれば、ダイニングテーブルを置くことも効果的。ダイニングテーブルは、床座に比べて、つい床にものを置いてしまうということがないので、テーブルの上の聖域をしっかりと守ることができます。

    ダイニングテーブル

    ワンルームでの空間の仕切り方
    できるだけ広く見せたいワンルーム。棚などを置いてダイニングスペースを作るとなると、部屋がますます狭くなってしまう…。こんな時は、きっちりとした仕切りというより目隠し程度でプランターを置いてみましょう。高さやデザインによって与える印象は様々ですが、癒しのアイテムで空間を区切ることで、ゆったりとしたスペースづくりができます。

    プランター

    仕事が中心のスタイル

    部屋で仕事や勉強をしたいのに、テレビが気になったり、床に寝そべってしまう人にはデスクがおすすめ。机を壁に向かって置くと、気持ちを切り替えて集中することができます。デスクとテレビの間に棚を置いて遮ってしまうのも効果的です。

    デスク

    ワークスペースをすっきり見せるには?
    ワークスペースはパソコンをはじめ、本や文房具など色々なもので溢れかえって雑然とした印象になりがちです。シャルフ、椅子、収納ボックス、パソコンの色を統一してコーディネートすれば、圧迫感のない、すっきりしたスペースが出来上がります。また、シェルフや椅子などのアイテムを選ぶ時には、細いラインのものを選ぶと、すっきりと洗練された印象になります。

    休むことが中心の生活スタイル

    家に居る時の大半はベッドで過ごすという人は、ベッドからの視界をリラックス空間にしましょう。ごちゃごちゃした棚や隣室が見えると気持ちが落ち着きません。すっきりとした視界になるようにカーテンをつけたり、ベッドの向きを変えたりしましょう。

    ベッド

    広く見せつつ区切る方法
    生活感が出やすいベッドはお部屋全体のインテリアと馴染ませるのが難しいアイテムです。きっちりとした仕切りを作らずにオープンに見せる場合は、床面にラグを敷いてスペースごとの線引きをゆるく作るのがおすすめです。ダイニングスペースはオレンジ、ベッドスペースはグリーンのようにテーマカラーを設定して視覚的に区切ってみましょう。

    デザインこたつ商品一覧

    営業日カレンダー

    2017年12月の定休日
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    2018年1月の定休日
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31

    ※赤字は休業日です

    お問い合わせ

    【お問い合わせ】
    お客様サポートデスク
    お問い合わせはこちら
    【対応時間】
    平日10時~17時
    ※土曜・日曜・祝祭日はお休みをいただいています。ご了承ください。
    モダンこたつ布団へ